Home > book > されど罪人は竜と踊る 4 くちづけでは長く、愛には短すぎて

されど罪人は竜と踊る 4 くちづけでは長く、愛には短すぎて

  • Posted by: harusui
  • 2004年1月10日 00:00
  • book

隊長! なにやらスゴイことになってますっ!
前巻たる短編集から随分と短期間で出ましたな。びっくり。意味深なタイトルにびっくり。読んでまたびっくり。
ガユスとギギナの日常たる非日常からゆっくりと始まって、徐々に速度を増していき、最後はたたみ掛けるように。
いよいよ本番な感じの4巻。いろいろ噴出してきて噴出しすぎて読んでるだけのこっちとしてももうどうしていいのやら。メインストーリーはもちろん、人間関係がもう・・・。ガユスとギギナ。ガユスとジヴ。ジヴと間男。アナピヤ、ユラヴィカ、ギギナと許婚(違)。そしてクエロ。唸らずにいられない。
ジヴが、ジヴがああああああああ! 負けるなガユス!
「6人目」とやらは多分ニルギンなんだろうな。いや間男か?(ない)
意味深なタイトルは、読むとなんとなく解るような解らないような大人の味がします。

続きが気になって夜も眠れず、昼間眠っちゃうので早めになんとかしてください。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/122
Listed below are links to weblogs that reference
されど罪人は竜と踊る 4 くちづけでは長く、愛には短すぎて from silence words

Home > book > されど罪人は竜と踊る 4 くちづけでは長く、愛には短すぎて

Search
Feeds

Return to page top