Home > book > 県庁の星

県庁の星

  • Posted by: harusui
  • 2006年4月 6日 00:00
  • book

帯の煽りってまったくあてになんないな。特に最近は。
「間違いは認めるな!? 予算は使い切れ!?」(帯より)、大き目の文字で書いてあるけど、中身と全然関係ないね。
手に汗もまったく握らないし。役人エンターテイメントってより「田舎のスーパー」エンターテイメントじゃね?
内容をいくらか誇張した煽りならいいと思うけど、関係ないってどういうことよ。

中身については、「買って損した」とまでは思わないけど、この内容に1,300円払ったのはキツイ、くらいかね。ワクテカメーター装着して読んだとしたら、良くても最後まで水平、悪けりゃ冒頭を絶頂にひたすら下降ってなもんだと思う。

文章の書き方にも難あり。場面が変わると別の人の視点で語られるわけだが、一体誰の視点なのか途中まで分からないこと多数。非常に読みづらい。

設定にしても、主人公のようなエリート意識に凝り固まった地方公務員っているのか? 現実味がないんですけど。国家一種パスした経歴とかならまだしも。冒頭の決済順についても、県庁レベルで学閥とか縁戚関係とかって…そういうとこあるの? 演出?

映画も公開されたようで。見たいとは全然思わないけども。
むしろこの作品を映画化しようと思った動機のほうが興味深い。読めばわかるけど、確かに「映画化はしやすいだろうなぁ」とは思う。技術的には。
そんなに売れてるの? これ? ほんとに? アリエナス。
だとしたら、内容どうこうってよりも宣伝部隊の勝利な気がする…。

県庁の星
県庁の星
posted with amazlet at 08.09.08
桂 望実
小学館
売り上げランキング: 160548

関連エントリー

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/19
Listed below are links to weblogs that reference
県庁の星 from silence words

Home > book > 県庁の星

Search
Feeds

Return to page top