Home > music > 地上の星と世情

地上の星と世情

  • Posted by: harusui
  • 2005年3月24日 00:00
  • music

突如として「地上の星」が聞きたくなる。
中島みゆきとは縁のない私であるがー、いいものはいいのだ。作品は買ったことないけど、ラヂヲは好んで聴いていた時代もあったな。あれはめちゃめちゃおもしろかった。歌ってるときとDJ時とのギャップは驚きだった。
ともあれ、「地上の星」を仕入れて堪能した。ちょっくらググってみたら、PVの一部が公開されていたので見てみたが、とてつもなくカッコイイな。当時50歳とのことだが、見えない;; カッコイイしカワイイしウツクシイ。映像マジック・・・・・とか言ったら失礼ですな。

以降、たまに思い出しては検索してみたりして、「世情」にたどりついた。
このタイトルの代名詞といえば「金八先生」。私くらいか、あるいはもうちょい上の世代の人にとってはあまりにも有名な「あのシーン」。スローで流れる連行されていく加藤の絵と、バックに流れる「世情」がマッチしすぎていて、受けたインパクトは非常に大きかった。私が見たのはおそらく再放送だか再々放送だかだったんだろうが、あのドラマの中で覚えている場面と言えばこれだけです。・・・・・まぁそんなに好んで見てたドラマじゃなかったような気もする。
ちなみにあの曲のタイトルが「世情」いうことを今回初めて知ったわけで、きちんと聴いたこともなかった。当時への郷愁もあったのか、「これは聴かなくては」という思いに囚われてこっちも仕入れ。
初めて通して聴いたわけだが、

ぶっちゃけ鳥肌 (;゜ロ゜)

スッゴイ曲だわ;; なんか背筋がうすら寒くなるような恐怖にも似た衝撃。つか実際に体温が下がっていく感覚があった。「地上の星」半分どうでもよくなってる私がいた。
発表が1978年。78年といえば私はまだ生まれてn・・・とか妙なサバ読んでも意味ないが、中島みゆきを聴くわけがない年齢であった。とはいえその後もずううううっとこの曲の存在を知らずにいたなんて、嗚呼。

発表年代や歌詞、曲の雰囲気から背景にあるのが学生運動、おそらくは大学闘争と呼ばれるものであろうことは察せられるが、さすがにそちらは私には本気でわからない時代。
でも「世情」を聴いた今はそれも非常に興味深い。こんな曲を誕生させさえする大学闘争とは一体何だったのか、そこに何があったのか。もし今そこら辺のドラマとかあったら視聴者一人ゲットでしたな。
大学闘争をテーマにした小説とかなんか探してみようかしら。

とか書いといて全然別の背景だったらどうしませう。

愛していると云ってくれ
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2001-03-28)
売り上げランキング: 13471
地上の星/ヘッドライト・テールライト
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2000-07-19)
売り上げランキング: 1063

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/91
Listed below are links to weblogs that reference
地上の星と世情 from silence words

Home > music > 地上の星と世情

Search
Feeds

Return to page top