Home > game > | misc > あけましておめでとうございます(2015)

あけましておめでとうございます(2015)

  • Posted by: harusui
  • 2015年12月31日 17:55
  • game | misc

表題は今年の年頭挨拶でございます。
年に一度の自分のための備忘録。という趣向に既になっております。

「まるで成長していない......」
一年を振り返るにあたり、これほどふさわしい言葉もなかなかない。さすが安西先生。とはいえ安定しているとも言える。変化とはリソースを大食いする悪魔の名であるから。

ところでついにPS4を購入した。ついに、と言うか思い立って。
プレステ何年ぶりだろうねえ。PS2は持っていたのだけどPS3は完全スルー。値段がどうとか性能がどうとかソフトがどうとかそういう一切に関わりなくただ単に買わなかった。理由は思い出せない、のではなく理由もなく。なんで買わなかったんだろう。

そういう訳なので今年の年末RPGはPS4を活用してFALLOUT4。ちょうど発売日がPS4買った日とかぶったので。たぶん店員さんにはFO4をやるために本体を買った人カテゴリに入れられているのだろう。FOの新作が出るとか、それがいつであるとか、その場に行くまで知らなかったが。
FALLOUT自体はなぜかずーっとFPSだと思い込んでいたので、それまで検討に挙げたことすらないんだよなぁ。思い込みってすごい。それがどうやらオープンワールドなRPGであることを当日知って、じゃあやろう、よしやろう、ということでFALLOUT4。

もともと一緒に買うつもりだったのはWitcher3。もちろん年末用に。こちらもオープンワールドで、しかも評価がかなり高くて出来が良さそうだったので。ただこれは1、2から続く同一主人公なので、それまでの彼が持つストーリー性や背景設定が強くてオープンワールドと言うゲーム性と相性があまり良くないんじゃないかと懸念もあるのだけど、それはまあやってみないとわからないところではあるな。ちなみに購入済み。

さて、久しぶりのオープンワールドゲー。やはりやってて時間を忘れる。まだ見ぬフロンティアを拓いて行く楽しさと言おうか。クエストで行き先を示されるのだけども、そこに行く途中であれはなんだ、これはなんだとフラフラ立ち寄ってしまうし、立ち寄った先でまた別のクエが立ったりして全然進まないうちにタスクがどんどん溜まっていくどーすんだこれ感。顔はニヤついているんだけども。
現在のプレイスタイルとしては長距離スナイプで一匹ずつ始末していく方向性。時間かかって中々進まないのはこのせいでもある。威力重視で反動が強く連射が効かないので、一発で仕留めるヘッドショットを狙う博打性と位置取りの模索。
短距離では★付きの10mmを拾ったのでそれを魔改造してプスプス撃ちこむ。またはVATS。
でもPERKが戦闘スタイルに沿ったものに全くなっていないのでどうしたものか。pick系とか積載upとか製造系に振っちゃってるからなぁ。specialもAGI4とかのせいかAPが足りない感じだし。おかげで硬い奴相手だと困る。デスクローとか。昨日も閉所で遭遇して10mmだけじゃ埒開かないのでぐるぐる逃げながら地雷ばら撒きとかいうどうなのそれ、みたいな醜態を晒しているし。
うん、まぁこれから沿わしていって大器晩成型にするしかない。あーでもscienceも伸ばしたいなぁ。せっかくの科学兵器が持ち腐れだし。んーんー。

そんな感じでやっております。
ただ世界設定的には現代付近のFALLOUTよりかはskyrimみたいなハイファンタジーの方が私好み。ならではの生態とか、ならではの文化とか、興味深いし見てて楽しいじゃない。まぁ中世の焼き直しみたいな側面は強いけども、中世なんて私たちには最早ファンタジーだしな。
ラノベの異世界ものをおもしろく感じるのもその辺の憧憬らしき何かを私が持っているからなのかも。かと言ってラノベ主人公みたく異世界願望とかは特にないのだけども。あんなんお前私ならすぐ絶望だしすぐ死ぬわ。間違いなく。
ともあれBethesdaはMMOなんて作ってないでTESのシングル用新作をはよ開発せいや。

はい、スムーズな話題転換。今年もネット小説で異世界関係たくさん読みました。
最近読んだ中では、「10年越しの引きニート(略)」とかが毛色が違う方向性で思ったよりおもしろかった。現代日本との繋がりがあるままの作品はいくつか読んだけど、日本側の脇役に重心をある程度残している部分が意外に良い。ちょっといい話風にしてあるのも後味が良い。てかキャラクタの印象と言う面では、異世界に行ってしまった主人公より日本側の脇役の方が私の中では大分強い。主人公側より日本側の展開がどうなるのかとても楽しみ。少し前に既読が追いついてしまったので今は未読を溜めている最中。

あとは蜘蛛のやつかなー。設定にいくつかおもしろい部分があって、それが明かされた時は思わず「おおっ」と声が出てしまった。ここでネタバレしたりはしないけども!いや誰も読んでないからしても困らんか。
まぁ主人公がなにやら超常的な何かになってからはもういいかなー、って感じで続き読むかは解らない。

あとは今年読んだものではないけども、いい感じに未読が溜まったのでまた最初から読むタイミングを測っているいるのが「ゴブリンの王国」と「一国一城」。長編であるし出来る限り一気に行きたいのでタイミングむずい。年末にどっちかいくつもりだったけどPS4買ったおかげで棚上げ。でも楽しみ。

はい、唐突な話題転換、エロゲについて。
すまない、私はもうエロゲーマーではないのかもしれない......。
一本もやっていない。インレの新作とか出ていたけども、現代モノだったのでちょっとスルー。時代物の新作がまた出ればやるとは思う。
やってはいないがやめたつもりもないのでエロゲ業界はなんとかがんばってください。玉石混交極まったようなカオスなこの業界が好きです。たまに飛び出す玉はとても美しい。

年頭挨拶をしたばかりですが今年ももう終わりのようなので、皆様良いお年をお迎えください。
私は去年も今年も来年も大体同じです。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/345
Listed below are links to weblogs that reference
あけましておめでとうございます(2015) from silence words

Home > game > | misc > あけましておめでとうございます(2015)

Search
Feeds

Return to page top