Home > book > | game > | misc > あけましておめでとうございます(2014)

あけましておめでとうございます(2014)

  • Posted by: harusui
  • 2014年12月31日 19:44
  • book | game | misc

恒例の年一更新。
前回(去年)のエントリを見ると、「2014年は更新頻度を激増させて云々」とか書いてある。
ハッ! ちゃんちゃらおかしいですな。
前回の時点で既に書く気なんてなかっただろうし。それでも来年はがんばって...年一を維持したい。現状維持最強。

さて年末は何かしらRPG的なゲームをやりたくなる病にかかっておりまして、2011年はスカイリム、2012年はダクソ。去年はエントリ見る限り何もしてなかったようなんだがぁ......昨年末って私は何して過ごしてたんだろ。まるで記憶がない。
そして2014年末はと言うと、先日FF13を始めたところ。
当初はまだ終わってないダクソ2をちまりと進めようかと考えていたんだけど、直前になってFF13 のPC版が出てるのを知って値段を調べたらお手ごろ価格1,200円(steam)。値段を見た瞬間何も考えずにポチっておりました。

Final Fantasyとかもうね、懐かしいですね。まだ序盤も序盤だけどあいっかわらずの一本道ムービーゲーなのね。
なんと申しますか、例えば戦闘システムは敵も自分も3Dで描画されてそこにいて動き回っているのに(動作によって色んな立ち位置になる)、能動的に後ろに回りこむことも出来ないし攻撃を避けることも出来ないというこの違和感。入力待ちの間棒立ちなんだぜ。コマンドバトルをこういう動き回る3Dでやるのって割と労力の無駄だなぁ、と感じてしまう。
まぁムービーゲーなのはもうFFというタイトルの代名詞的でもあるし、そういうものってことではあるのだろう。
ちょっとだけ介入できて映像で読むファンタジー小説とでも思えばそれはそれで。あとはストーリーはそこそこおもしろければFFとしては及第点なのかな。もちょっと続けてからのお楽しみだ。
ただ3Dキャラの表情はこれはなっかなかがんばっているように思う。正直思った以上に細かくそれっぽい表情をする。和ゲーとしてはいい出来。

艦これは地味にまだ続けています。1年以上になるね。
やぁ、ブラウザゲーを1年以上続けることになるとは露とも思わなかったさ。
とはいえプレイ頻度は大分少なくなって停滞気味。2回前のイベントで取得した艦がさっぱりレベルアップしていなかったりとか。もう少しだらだらプレイしながらフェイドアウトしていく未来がちょっと見える。
デイリークエやるだけでもかなり時間食うんだよね、これ。そこが今私にネックになっている。

エロゲ。
去年も堕落だったけど、今年も更に堕落。あかんわ。実にランス9すら開いてない。
だがやる、絶対やるぞ。いつか!必ず!
何もかも開いてないにもかかわらず今月も「帝都飛天大作戦」を発売日に購入したし。希だしね、しょうがないね。
アステライトは買えてないけど、これも折を見て全部買う。いつか!必ずだ!

当面としては「Chushingura46+1FD」。エロシーン持ちのキャラが多すぎてちょっとめんどくさいw 現在中断中。
FDだから色んな人気キャラのエロシーンを詰め込むってのは解るんだが、主筋と関係なく、流れのない「ための」エロシーン連発がちょいちょい挟まれるので没入が一辺に削がれてしまうのよ。現在の中断ポイントもそこなので、再開するにもなんか別の気力が必要になると言うか。
主筋は四十七士ごと幕末へ飛んで新撰組と相対する、というFDにしては思い切った展開でこれはこれで結構おもしろくプレイしているのだけどもね。相変わらず時代の空気感がとても好みです。ここは今回も手放し。
私の中で正体のない謎のポイントが回復したら再開します。最優先作。

忠臣蔵終わった後の見込みとしては、ランスも開けなきゃなんだけど、今の気分だとグリザイアを開けようかなと考えている。
完全にアニメ効果です。
アニメめっちゃがんばっているわ。なかなかおもしろく見てる。
そんな訳で果実は購入当時にプレイ済みだけど、迷宮と楽園が購入後手付かずのままなのでこれをやっておきたい。とても。

あとは本かな。こちらもエロゲに負けず堆いタワーっぽいものに。
ログホラの新刊とオーバーロードの新刊が優先作。......なのに幼女戦記とかなんで読んでるのー!?
しかしなんつうタイトルなの、「幼女戦記」。怖いわー。こうやって字面だけみるとおそろしく躊躇するわ。書くのさえ。
内容はいたって普通の異世界転生ファンタジー戦争モノなんですけどね。わりとまじめに国家間戦争している。主人公の転生先が幼女ってだけで。

ということで今年私の中に新規に来た流れとしては「異世界転生オレtueeeeeeee」小説。
いいっすね。主に「なろう」とかでネット小説をクソ読んだわ。そして大部分が予想に違わずクソですわ。......失礼、多くは私の嗜好に若干そぐわなかった。テンプレすぎて。
それでもいくつかは大変おもしろく読んだ。しかも無料とか、作者様様だろ。ネット小説まじ侮れないわ。まぁログホラもオバロドもそうだしな。

近所の本屋ではネット小説の書籍化シリーズ棚がつい先日くらいから5倍くらいに増えてたので、今これが来てるっぽい。ちなみに本も扱ってるサブカルショップ、とかではなく紀伊国屋です。
その分従来のラノベ棚が減ったんだけどな。まぁどっちもラノベだから同じか。とはいえ相対比はまだ1:9くらいありそうだけど。
おかげで「無職転生」の1巻とか思わず買ってしまったわ。webで原作読んでるのに...。ええ、エリスが好きなんです、はい...。

そういえば「ゲート」と「オーバーロード」がアニメ化するとかなんとか。いやぁ、時代ですなぁ。

ゲートはともかくオーバーロードのアニメ化は正直あんま期待できない気がするなぁ。13話とかで短期的におもしろみが表現できるように思えないし、どうせ予算カツカツでしょっぼしょぼだろう。たぶんがっかり企画(期待反面)。

ゲートは人物よりメカ(ヘリコ、戦車、銃器)の描画と演出力次第でいける気もする。自衛隊ものだしな。
ログホラアニメ程度の演出力だときっと端にも棒にもかからんくなるわ。
個人的には序盤がものっそおもしろかったのでまじ頼んます、とか思います。ただ中盤以降はとても微妙なので微妙。
あと中国があからさまに悪役なんだけど大丈夫か。架空の国家にするのかしらん。

そういや異世界転生を私にとって「新規の流れ」って前述したけど、幼少のみぎりに「異次元騎士カズマ」とか好きだったのを書いてて思い出した。昔からそういう素養はあったのかもだなぁ。
カズマ、確か完結しなかったんだよね......。
つーか「リーンの翼」とかも好きだったやん。
あれ、これもしかして遥か昔からの規定路線。

そんな2014年でした。
検索とかで来たくもないのに来ちゃった皆様も良いお年を。

来年も更新がんばったりせずに年1回だけ書く!

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/344
Listed below are links to weblogs that reference
あけましておめでとうございます(2014) from silence words

Home > book > | game > | misc > あけましておめでとうございます(2014)

Search
Feeds

Return to page top