Home > book > 薔薇のマリア VI.BLOODRED SINGROOVE

薔薇のマリア VI.BLOODRED SINGROOVE

  • Posted by: harusui
  • 2006年11月28日 00:00
  • book

ううむ。
前巻の「V.SEASIDE BLOODEDGE」は大分おもしろかった記憶が残ってる。「つぼみのコロナ」もなんだかすっかりコロナでコロナ度が高いからコロナ。
新刊出る度に作品のカラーが強まってきて良い感じ。はじめからこんな風になる予定だったのかもしれないけど、順に読んでる方としては一歩一歩作品としての体が固まって行く印象があってかわいらしい気がしたりしなかったり。

「禍阿阿阿阿(略」とかって類の表現だか擬音だかは前からあったけど、さすがに多用しすぎじゃないか。擬音語に視覚的効果を併せ持たせるのはおもしろいし、ピンポイントで使えば良い演出にもなるのかなって思うけど、最後多すぎて手抜きにしか見えなくなってくる。ていうか手抜き?

さて、マリアローズ君はもうすっかり某シンジ君である。だんだんめんどくさくなってきた。同じところをぐるぐる周ってるのはある意味現実的かもしらんが…現実だけでお腹一杯なのは果たして私だけであろうか。いや私だけだ。 orz

今回の一番の見所はどこであろう。
ずばり「あとがき」ではないか。
なぁ、もしかしてこの作品の登場人物ってマリアローズだけなんじゃない?
他のキャラなんて全部飾りです。夢でも幻でも同じことです。マリアローズのケツさえ叩ければそれが蛙だって良いのです。
なんて書いてあるように私には見えてしまったんですが。

そのうちZooみんなで「おめでとう」とか言い出すんじゃなかろうか。

いや、このシリーズ、好きですよ。出る度に買ってますよ。ほんのちょっと危惧してみたかっただけです。

薔薇のマリア (6) .BLOODRED SINGROOVE (スニーカー文庫)
十文字 青
角川書店
売り上げランキング: 46626

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/64
Listed below are links to weblogs that reference
薔薇のマリア VI.BLOODRED SINGROOVE from silence words

Home > book > 薔薇のマリア VI.BLOODRED SINGROOVE

Search
Feeds

Return to page top