Home > game > Kanon

Kanon

  • Posted by: harusui
  • 2006年11月14日 00:00
  • game

全編終了。
シナリオ別の印象感想など書いてみるか。


【 名雪編 】
シナリオ的には一番まとも。ただ描写不足か肉付け不足か、中途半端な印象はぬぐえない。ここでもあゆのアレが炸裂するが、完全に蛇足。**もったいないシナリオ度1位。**プレイヤーの脳内補完性能を問われる。また、あゆ編より先にやると不可解で謎を残す。が、それでも先にやれば良かったと後悔。

【 栞編 】
取り掛かるタイミング重要。悲劇と受容、切なさと強さの良いシナリオであるが、あゆ編直後に取り掛かるとあゆに乗っ取られる...。そのラストは色んな意味で「それはないよっ!」。あゆ編より先にやっとくと問題ないかもしれない。**君に幸あれ度1位。**

【 舞編 】
「AIR」っぽい。演出にとても力が入っている。とはいえ出だしの突飛度は異常。舞、祐一共にプレイヤー完全放置でスタートするので違和感高し。シナリオは難解で、プレイ1回ではまず理解できない。情報を抽象的な表現に変換、及び分散し、解釈の余地を残すことで後を引く内容になっている。演出効果と合わせて、後の「AIR」に繋がる実験的要素が強いと感じる。**難解度1位。**

【 佐祐理編 】
弟度1位。うう、すまぬ、内容忘れた...。大筋は覚えていて、奇跡とかない素晴らしくまともな内容だったと思うんだが...。ラストどんなだっけか。

【 真琴編 】
普遍的なツボを思いっきり刺激してくる。裏のない単純な筋道の中に、時間経過を利用した非常に巧みなシナリオ展開を見せる。進めれば進めるほど胸が詰まっていく、ある意味危険なシナリオ。子供っぽくも真摯で美しい御伽噺である。文句なしに**涙腺決壊度1位。**ハンカチを用意してプレイしてください。

【 あゆ編 】
本作のメインシナリオ。これを1番最初にやってしまったことが残念でならない。ベタあり、仕掛けありでとても充実した内容かと。クライマックスに放たれる彼女の言葉は、物理的な衝撃すら感じさせて私の胸を貫いた。残酷でえげつないその展開に私は慄き、憤慨し、嗚咽した。だがそれでもっ、......ああ、いやちょっと興奮してしまった。んーなんだ、ここでのエピローグは作品全体に概ね共通する筋書きで、他のシナリオではちと強引つか「やっちゃった」感が強かったが、あゆ編だけは素直に良かったと感じた。いろんな評価はあるだろうが、ぶっちゃけ満足だ。だって幸せが自分にも伝播するじゃないか!
うぐぅ度1位。あゆ度1位。遅刻してごめん度1位。たい焼き度1位。天使度1位。総合1位。

Kanon ~Standard Edition~
Kanon ~Standard Edition~
posted with amazlet at 08.09.08
KEY (2004-11-26)
おすすめ度の平均: 4.5
5 「冬」といえば「Kanon」
5 いい話が沢山詰まっています。
5 たった一人だけを救う話
5 keyで個人的に一番好き
5 『自分の存在意義』と『絆』・『奇跡』がテーマの物語

関連エントリー

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/61
Listed below are links to weblogs that reference
Kanon from silence words

Home > game > Kanon

Search
Feeds

Return to page top