Home > anime > The Mobile Police PATLABOR , Early Days

The Mobile Police PATLABOR , Early Days

  • Posted by: harusui
  • 2005年10月26日 00:00
  • anime

♪キミにイカレてメタメタめちゃメカ狂い
ピタリ抱かれりゃピカイチきれるアルフォンス♪

うは~。
アニメ回帰発作、いきなりパトレイバー見たくて堪らん。てかパトってエヴァよりずっと前なんだね。なんかパトのが後だと思ってた。

私が一番気に入ってるのは劇場版1・2なんだけど、見たくなったのは初期OVAシリーズ。連載シリーズと並ぶ原点ですな。この初期OVAを見なければ劇場版を見ることもなかっただろうし、後から単行本を揃えたりもしなかっただろう(もうないけど)。なんで見ようと思ったかは昔過ぎて記憶になし。ちなみにレンタルだった。

Amazonで調べたら何気にDVDで出てるのを発見したので早速購入してくる。大人っていいよね! 中古だけどな!
早速鑑賞したわけだが、あまりの懐かしさにオープニングソングで泣きそうに・・・(つд⊂)
ヘッドフォンした妙齢のおっさんが一人アニメ画面に向かって「そうそうそう! これだよ!」とかつぶやいてるのはさぞ危険なシルエットに違いない。
野明はあの頃と同じに元気に飛んでるしアルフォンスにワックス掛けてるし。もうね、何か込み上げるものががががが。

画質的にはさすがに今となってはキツイものがある。あからさまに「昔の」アニメ。まぁ当時としても低予算でカツカツだったらしいけども。
内容的にも今改めて見ると、なんつーか、アニメだなぁって感じ。
当時AXIA?だか、カセットテープのCMがついてたんだが、それは流石に入ってなかった。ちょっと見たかったかも。

第1話「第二小隊出動せよ!」
正真正銘の1stパトレイバーになるんだろうか? 映像の。声優もこなれてなくて微妙にぎこちないのが逆に新鮮だったり。声も若い。
思い返せば、両肩に真っ赤な回転灯を乗せ、胸部にキラリと光る桜の代紋、そしてデカデカと「警視庁」の看板を背負ってナンバープレートをぶら下げたロボット物は結構な衝撃だった気もする。思う壺だわな。

第2話「ロングショット」
何故か印象に残ってる。香貫花がここで登場することまでは覚えてなかったけど。今は亡き井上瑤さん(香貫花クランシー CV担当)を堪能すべし・・・・・。You did it.

第3話「4億5千万年の罠」
グダグダ。「ナンダコレ」感満載。でもこれって後の「廃棄物13号」→「劇場版WⅩⅢ」の原形なんだろうが、この話しをよくぞまぁあそこまで練り上げたもんだと感心させられる。

第4話「Lの悲劇」
こういうのは結構好きだ。作品、キャラクターに深みを持たせる。登場人物それぞれの役どころの理解が進む。

第5・6話「二課の一番長い日(前・後編)」
このシリーズの肝。内容が異様に濃い。劇場版2の元ネタと思われる。
今改めてみると、この時点で既に劇場版で使われたアイデアが満載されている。魚眼レンズ視点も出てくるし、しのぶさんと警備部長?とのガチンコシーンなんぞは劇場版1でそのままそっくり同じセリフがある。冒頭の隊長二人のやりとりなんかも、劇場版2で似たようなシーンが登場する。
遊馬が野明に電話している上を、戦車らしきものが続々通過していくシーンはシュールだったなぁ。
お気に入りなのは、ラスト直前、野明搭乗の1号機がさふらわあ号に着艦、リボルバーカノンを突き付けて切るタンカ。
「勝負あった! ジタバタすんなっ!」
セリフの切れが素晴らしくとても気持ちよかった。
圧巻はラスト。
事件の首謀者は後悔や諦めもなく、不敵に笑って言い放つ。
「二人から始めてここまで準備するのに20年。生きてりゃもう一回くらいやれるさ。」
その首謀者のドアップを背にしてエンドロール。今見てもすごい終わりかただ。
生きてりゃもう一回くらいやれるさ、中身が国体を揺るがす犯罪だとしても、その言葉には思わず震える。
とはいえ、政府に突き付けた要求から考えると内乱罪に該当しそうだし、そうなったら死刑又は無期禁固だわなぁ・・・。
もう出来ないじゃんw
ところで、わざわざ数秒割いてまで「渕山裕」さんに言及した理由はなんでしょうかw

ここまで、監督:押井守
5話6話なんかはまさしく押井節

第7話「特車隊、北へ!」
前話のインパクトが大き過ぎてどうにも・・・。
内容的には漫画版に連なるお話。シャフトの冠ついたブロッケン出てくるし。
でもグリフォン編ってあんま好きじゃないんだよね。なんか違うような気がして。

あと瓦版も収録されている。これは初見ですわ。まぁどうでもいいんだが。当時製作中だった劇場版1の宣伝がてらですな。出渕さんと主題歌の笠原弘子さんがMC(実写で登場)でグダグダですw かなりヒドイです;
ちなみに笠原弘子さん18歳?の映像です。ファンにとっては必須アイテムかも!?

てかね、なんでこんなことになったのか分からんが、当初は「久しぶりに見て、懐かしくてたまらんかった」ってことを書きたかったんだけどな。いやホント、胸が詰まる感じというか、画面の中には昔のまんまのあの頃があって、画面のこっち側には随分歳食ってこんなんなっちゃった自分がいることに対する寂寞と申しますか・・・。
それはとりもなおさず、経過年月の中でちゃんと折り合いをつけた気になって、その実納得できていなかった自分を見返してしまったということなんだろうけど。
哀しくなるから止めようw

まぁ、まだ見てないDVD山ほどあるし。他にTV版、新OVA、劇場版、全部買ったのでw
ヤヴァイヨ? 24シーズン4に予定してた資金も突っ込んで全然足りなかったヨ? どうしよう?

ところで、メニュー画面の背景が書き下ろしと思われる野明(Vol.1)と香貫花(Vol.2)なんだけど、これすごくいいね。特に香貫花。壁紙にしたい気持ち。

機動警察パトレイバー アーリーデイズ VOLUME 1.
バンダイビジュアル (2000-04-25)
売り上げランキング: 8080
おすすめ度の平均: 4.0
5 人殺しのないロボットアニメ
1 羊頭狗肉
5 空前の傑作
5 全てはここから・・・
4 出発地点。
機動警察パトレイバー アーリーデイズ VOLUME 2.
バンダイビジュアル (2000-04-25)
売り上げランキング: 7777
おすすめ度の平均: 5.0
5 人殺しのないロボットアニメ
5 好みによるけど
5 ファンお勧めの話
5 映画よりおもしろい!
5 布石。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/103
Listed below are links to weblogs that reference
The Mobile Police PATLABOR , Early Days from silence words

Home > anime > The Mobile Police PATLABOR , Early Days

Search
Feeds

Return to page top