Home > anime > Evaのラストについて?

Evaのラストについて?

  • Posted by: harusui
  • 2004年1月18日 00:00
  • anime

某氏より、Eva劇場版のラストについて「こんな意見もあるよ」と、あるwebを紹介された。
曰く、作品の主な視聴者層であるいわゆる「オタク」に向けて、庵野監督が「いつまでも夢見てんじゃねーよ」と放った言葉であると。(全然理解が違ったらすいません;)
これは作中で表現される実写部分のくだりと照らしあわせても、すんなりと受け入れられる話しである。「なるほどそうだったのか」と理解することは出来るが、個人的には違和感がつきまとう。それは考え方の基礎となる部分が違うせいだろうと思う。

私としては、「価値はすべからく等しい」と思っていたい。「オタク忌むべし」「逃避忌むべし」という考え方はそれはそれで構わないと思うが、正義であるかのように振り回されると困惑してしまう。アニメであれ物語であれ、その中に自分自身である種の価値を見つけられたとしたら、「オタク」だろうが「自閉」だろうがステキなことだろうと考えている。何も考えずにただ落ちている物を拾い集めて安心していることこそ「気持ち悪い」。

いろいろ噴出してしまって、あー、うまくまとまらない、うまく言えない。
またいずれ。小出しかも。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/140
Listed below are links to weblogs that reference
Evaのラストについて? from silence words

Home > anime > Evaのラストについて?

Search
Feeds

Return to page top