Home > book > マルドゥック・スクランブル -The Second Combustion- 燃焼

マルドゥック・スクランブル -The Second Combustion- 燃焼

  • Posted by: harusui
  • 2004年1月 8日 00:00
  • book

都合により今頃読んだ。気がつけばこの作品が 日本SF大賞(http://www.sfwj.or.jp/list.html)だったり。

2巻ではフェイスマンとボイルドのやりとりが面白かった。特にフェイスマンの、「価値は、あるのではない。観念であり、創り出すものだ。(中略)社会とは、価値を創り出し、価値を巡って機能する、人間独自のシステムだ。」という言葉は共感できる。全てに同意するものではないが、私が常々感じていることと通じている。

価値はあるものではないが、 既にある価値《・・・・・・》に私たちは埋もれている。
あなたは道端に落ちている価値を拾い、誰かにしのばされた価値を後生大事に抱えては振り回す。あまつさえそれを銃弾のように誰かの胸に撃ち込みたがる。それはひどく愚かで、無様であることに気付け。
結果が同じでも構わないと思うが、過程を無視した価値観は悪臭がする。みんながそれをバラまくので頭痛がしてくる。
世界は、世界に対して無頓着であるから、もう為す術がない。

なにやら電波な文章だが、私は誰に言ってるやら。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://harusui.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/117
Listed below are links to weblogs that reference
マルドゥック・スクランブル -The Second Combustion- 燃焼 from silence words

Home > book > マルドゥック・スクランブル -The Second Combustion- 燃焼

Search
Feeds

Return to page top